難しい問題を解けることが大事

 中学入試の算数では簡単な問題が解けることは普通です。特に算数だと難しい問題を作る方法は多いので、色々な出題が考えられます。そのため、受験する中学校の入試対策は重要になります。傾向がつかめると、解く方法を覚えておくだけでアドバンテージになることがあるのです。また、問題のバリエーションが広い場合でも、傾向がある可能性があります。どのような傾向があるかを把握するだけでも、受験対策になることは多いでしょう。ただし、同じ問題ばかり出るわけではないので、一般的な問題にも対応できるようにしておくことも重要です。

 他に差がつくのは難しく見せかけている問題です。算数の問題では本質を見抜くことができないと、簡単に見えない問題もあります。特に中学の入試では柔軟に考えないと、見せかけの難しさに混乱するかもしれません。比例と見せかけて他の方法で解ける問題など、様々な問題に対応できるように学んでおくことが大事になります。色々な視点で問題を考えられるようになると、難しく見える問題を簡単に解く方法が分かるようになっていきます。算数の試験では時間を節約することが重要になりますので、時間をかけずに解くのは大切です。時間が余れば、難しい問題を解くために時間を使えます。