ある程度の裁量や権限も

 中学入試を取り巻く環境については従来よりも意識が高まっているといえるでしょう。中学受験を対象にした塾に対する期待も徐々に大きくなっています。さまざまな科目に対しての理解が求められますが、とりわけ算数の理解が深まらなければ全体の点数に大きく影響を及ぼすことにもなりかねません。算数の問題は実に多くのジャンルにまたがります。簡単な計算問題はもとより、少し複雑な応用問題や図形、分数などと基礎がわかっていなければ解けない問題もたくさんあるのが現実です。

 子どもたちのみならず、中学入試は親御さんも高い意識を持って臨みます。学校の授業ではカバーしきれない問題もわかりやすく解説してくれることへの期待感も大きいのではないでしょうか。私自身も塾講師として担当する子どもたちの合格率や点数は気にしています。算数の試験で高得点を取るには、過去に出題された問題について徹底的にマスターすることです。受験する学校の過去問を取り寄せて挑戦するのも良いかもしれません。塾講師は受け持つ子どもが試験問題で高い点数を挙げれば、自然とやりがいやモチベーションがアップします。ある程度の裁量や権限も与えられるため、自分らしさを発揮することも可能です。