中学入試算数の指導はコツを知れば簡単です。

中学入試において、算数は他の教科に比べて出来る、出来ないがはっきりと分かれる科目です。これは中学入試だけでなく、高校入試や大学入試の数学においても同様のことが言えます。算数は最も差が付きやすい科目と言え、指導方法に苦心される講師が多いのが現状です。算数が出来る子供、出来ない子供の差は何かというと、問題の解き方を覚えているかどうかです。算数は問題に対してその場で考えて答えを出す教科と思われがちですがそれは間違いです。正解を出す子供は似たような問題を解いたことがあり、その解法を覚えているのです。その場で答えをゼロから導き出す子供はほとんどいません。

指導のコツは、考えさせることではなく、覚えさせることです。わからない問題をずっと考えさせると子供はやる気を失くしてしまいます。逆に問題が解けると途端に熱心に取り組みます。まずは問題を見せた後に答えを見せるなり、写させます。そのあと数字だけを変えた類題を解かせます。最初は解けないかもしれませんが、数回繰り返させるとほとんどの子供は解けるようになります。問題が解けると子供はやる気になり積極的に取り組んでくれます。算数を暗記科目と認識することが指導の肝と言えます。