中学入試の算数は基本的に難易度が高いことが多い

 中学入試の算数の問題で苦戦する子は非常に多いです。その理由の1つは、小学生が方程式や連立方程式を使えないことにあります。中学入試の算数の問題の中には連立方程式が使えれば簡単に解けるというものも多くありますが、連立方程式を習うのは一般的には中学二年生です。そのため、連立方程式を使わずに問題に挑むのか、連立方程式を先取りして小学生に教えるのかという難しい判断を迫られることになります。これは受験校や本人のキャパシティに合わせて判断することが大切です。

 算数の問題の中には図形を使用したものも多くあります。図形を使用した問題の場合はひらめきなどの発想力も必要となるため、単に計算が得意なだけでは通用しません。しかし、ひらめきに頼って本番の試験を迎えることは危険と言えるでしょう。そこで塾ではありとあらゆる図形のパターンを演習させ、どのような形の図形が出ても対応できるようにします。偶発的な要素を含むひらめきではなく、たくさんの経験を活用することで確実性を上げることが出来ます。中学入試の算数では点数の3割ほどを計算問題が占めることが多いので、計算を確実に全問正解出来るように練習を積ませることも重要と言えるでしょう。